読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.シンギュラリティのお笑いブログ

自作のコント、漫才を公開するブログです

コント 「エレベーター」

「エレベーター」

Aがエレベーターを待っている、近くにBもエレベーターを待っている
エレベーターが来る
AとBがエレベーターに入る、Aはエレベーターのボタンの前に位置を取る、Bは奥の方に入る
Aが自分の止まる階のボタンを押す
A「あの、何階ですか?」
B「、、、、、、、、、」Aを無視する
Aが首を振りながら前を向く
エレベーターが急に止まる
A「うわっ‼︎エレベーターが止まった‼︎」
B「、、、、、、、、、」
A「ええ、、、マジか、、」
Aが非常用ボタンを押したり、スマホを取り出したりする
A「圏外だ、、、、マジか‼︎え⁉︎エレベーターに閉じ込められたの俺⁉︎」
B「ふふふ」Bが笑い出す、AがBを見る
B「やはりそうか、、ふっふっふ」
A「え?」
B「私たちはエレベーターに閉じ込められたんですよ」
A「、、、あの、何でそんなに冷静でいられるんですか?」
B「私にはこうなることが分かっていたんです、私はその、未来に何が起きるか分かるんです、そういう超能力を持っているんです、先が見えるんですよ、エレベーターに閉じ込められる未来がさっき見えていたんですよ」
A「じゃんけんぽん」
AとBがじゃんけんする、Bが負ける
A「見えてないじゃないですか」
B「、、、、、、、」
A「これマジでどうすればいいんだ?誰か助けを呼ばないと、、誰か‼︎誰か‼︎」
B「無駄ですよ、私達は助かりません、私はそれを受け入れています、、、お前もしかしてまだ、自分が死なないとでも思っているんじゃないかね?」BがAに指差す
A「、、、、、、、、、ちょっとこれマジでヤバイな、スマホも圏外だしな、」AがBを無視する
B「諦めましょう、私達はここで死ぬんです、何日か後に私たちが仲良く手をつなぎあっている遺体が見つかるんですよ」
A「なんで手つないで死ぬんですか!仲良しじゃないんだから」
B「私だって死ぬのはツライですよ、今日だって算数教室に行くところだったのに」
A「かわいいな!」
B「九九の段もやっと5の段まで来てたのに、5いちが5、5に11、、、」
A「いきなり間違ってますよ、、しかも5の段って一番分かりやすいでしょ、いやというか‼︎なんとか外に知らせる方法はないのか⁉︎」
B「歌いましょうよ!もう私達はここから出られないんです!それを受け入れましょう!肯定するんですよ!そのために歌いましょう!ダウンタウンへ繰り出そう〜♬」
A「受け入れてないじゃないですか‼︎歌に本音が表れていますよ‼︎あ‼︎エレベーターが動き出した‼︎」
B「良かったあああ‼︎助かったあ‼︎」
A「コラーー‼︎」