読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.シンギュラリティのお笑いブログ

自作のコント、漫才を公開するブログです

漫才 「オシャレな幽霊」

A「どうも~よろしくお願いします~!」

B「お願いしま~す!」

A「あのね~、時代というのはね!本当にどんどん変わっていきますねえ」

B「うん、うん」

A「え~!!得にね!コンピューター!!ええ!これはもうホントに怖いんですよ!」

B「はあ」

A「反応悪いなあ!!マグロかよ!中トロかよ!分かってますか?コンピューターの進化のスピードを!!ものすごい早いんですよ!」

B「うん、うん」

A「コンピューターの1番恐ろしい部分はそこなんですよ!!いいですか?進化のスピードがムチャクチャ早いってことなんですよ!ここをね!理解してない人が多い!!私はそれに対して怒っていますよ!!」

B「そんなに言うけど、進化のスピードが早いと何が起きるの?」

A「え!?」

B「だから、進化のスピードが早いのは分かったけど、それで何が起きるの?」

A「分かんねえ」

B「はあ?!お前が今コンピューターがどうのこうの言ってたじゃねえか!!」

A「さっぱり分かんねえ!俺じゃなくてもっと頭良い人に聞いて!」

B「手足しばって東京湾に落とすぞ!!」

A「オッケー!東京湾ならいいよ!」

B「ww東京湾ならいいのかよ?!」

A「この時期の東京湾は沈むにはもってこいだからね!」

B「っち!じゃあ望み通り沈めたらあ!」

A「いいけど!この漫才が終わってからにしてね!まあそれはそうと、突然なんだけど!心霊スポットに行きたいんですよ!」

B「はいはい」

A「あなたは霊感とかありますか!?」

B「いやあ~、全然ないです」

A「そうでしょうねえ!そんな感じの髪型してるもん!」

B「、、、じゃああなたは霊感とかあるんですか?」

A「はっ!!僕はもうすごいですよ!霊体験たくさんしてますからね!僕の行く場所が心霊スポットになりますからね!ディズニーランドだって、どのアトラクションも全部ホーンテッドマンションですよ!!」

B「おお!!じゃあそんなに言うなら今までどんな体験したの?」

A「ああ~!!アレはねえ、代官山のちょっと隠れ家的なね、看板とか無くてマンションの1部屋が店になってるタイプのバーで、見た幽霊が居ますね!!」

B「オシャレだなあ~!そんなとこで幽霊見たの?」

A「そうそう、あの~俺はその日、日本初上陸のフランスで人気の、アーティストの個展を見た帰りに、ちょっと1杯だけ飲もうかなあ~って立ち寄ったのね」

B「オシャレだなあ~!お前もオシャレだわ」

A「それでね!まあ~、店の中もさ、すごいシンプルな内装でね、ちょっと薄暗くて、明かりが少ないんですよ、でまあ店内も掃除してる男の子がいるんだけど、その子もまた格好いいのよ!

B「あ~、オシャレな店って、オシャレな店員がいるよね!」

A「そうそう!髪の毛もスッキリして短髪なんだけど、ちょっと毛先にパーマかけてね、背も高くて小顔でさ!ファッションも良い感じなのよ~!モード寄りのアイテムを選んでるんだけど、シンプルなコーデに見えるんだよね!」

B「ほ~!オシャレだなあ~」

A「それでさ、お会計しようと思って、その男の子呼んでさ、お会計お願いしますって言ったら、あ、僕店員じゃないんですよ~ってなって、その子幽霊だったんです」

B「オシャレな幽霊だな!ごちそうさまです!」