読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.シンギュラリティのお笑いブログ

自作のコント、漫才を公開するブログです

「トイレ」

A「よろしくお願いしま~す」

B「でもねえ、お前の言う通り、うんこしたいのにトイレが空いていないと困るよねえ!」

A「そんなこと言ってねえよ!今、挨拶しかしてないだろ!」

B「ちょっとうんこしに行きたいけど、トイレが空いていないのやろうか」

A「うわあ~、うんこ漏れそうだわあ~!このトイレ、個室が1つしかねえのかよ!ツイてねえなあ!普通、個室は2個ぐらいあるよなあ!どうなってんだよ!どうなってんだよここのトイレはよお!!、、、まあこんな事言っててもしょうがない、うんこ漏れるところだった」

(個室を開けようとするが、扉が開かない)

B「入ってるよお?」

A「あ、すいません!」(扉から離れる)「入ってたのかよ、、、全部聞こえてたのか、恥ずかしいな、、う、、漏れそう、、あのすいません?」(ドアをノックする)

B「あいよお?何だい?!お困りかい!?」

A「、、、そうですね、、自分も漏れそうなんで、、申し訳ないんですけど、後どれくらいで終わりそうですか?」

B「う~~ん、、まだ終わらねえなあ!!終わらねえよお!!終わってたまるかよ!!」

A「、、、、、じゃあ、まだまだかかるってことですよね?」

B「そうだねえ!!かかるねえ!!こちとら3年ぶりのうんこだからねえ!止まらねえよ!!つかよお!お前よお!既に入ってる人に向かって、自分がうんこしたいから出てくれってよお、ずいぶんと自分勝手じゃねえか!?そんなお前にはよお!!」

A「、、、、、」

B「入りなよ」扉を開ける

A「でも、入ってるんですよね?」

B「いいよいいよ!俺、卓球部出身だから気にしないよ!漏れそうなんだろ?お互い様さ!交互にうんこすればいいじゃない?」

A「、、、、そうですか、、すいません」便座に座る

B「うんこ漏れそうなのに、個室が開いてない時って困るよねえ、分かるよお」

A「はい、、、なんか変な感じですねえ、2人で1つのトイレ使うって」

B「、、、、、、、、、」Aの頭の上をじっと見ている

A「、、、、、、」

B「君、最近、心霊スポットとかふざけて行ったりしてない?」

A「、、、何で分かるんですか?実はこの前、ふざけて友達と地元で有名な心霊スポットに行ったんですよ!え、もしかして見える人ですか?!」

B「、、、、、、、」

A「もしかして、僕に何かついてたりするんですか?!」

B「あのねえ、、、いや、、、うん、、諦めな、」

A「ええ~!!そんなあ、何が見えたのか教えてくださいよお!」

B「自分が入る墓を購入しときな」

A「ええ~~」

B「ちょっと!俺の番!」便座に座る

A「、、、、、、」

B「あ、なんか君、初恋の人に似てるなあ、、」

A「あ、本当ですか?、、」

B「うん」

A「初恋の人、男の人なんですか?、、、」

B「えへっ(笑う)」

A「あ、そうなんですね、、、」

BがAの股間を凝視する。Aが股間を隠す

B「何でよお!見せてよお!」

A「嫌ですよ!」

B「何で?逆に何で嫌なの!?何で股間見られるの逆に嫌なの?!それは俺が卓球部出身だから!?」

A「あなたがホモだからですよ!!そういう目で俺のやつを見てるでしょ!?」

B「、、、、、、、、、、」Aの頭の上を凝視する

A「何なんですか!?何で急に霊視し出すんですか!」

B「あ、ウィルスミス好きなんだ?」

A「俺についてる幽霊、ウィルスミス好きなの!?」

B「一番好きなのはドクタードリトルなんだ?」

A「それはエディマーフィだよ!」

B「確かにねえ、アボカドに醤油をかけたら中トロみたいな味になるよね!」

A「霊とどんな会話してんだよ!もういいよ!」